口元のたるみの原因と治し方

口元のたるみの原因は、主に、真皮層のコラーゲンやエラスチンが失われることにあり、それで肌の弾力がなくなることで起きます。口まわりの筋肉の口輪筋が衰えることも関係していて、筋肉が衰えると口元のたるみが起きます。口元のたるみの解消法は、筋肉を鍛えると良いです。日常生活で口元のたるみを改善するには、硬いものやガムを噛むとよく、しっかり口元を動かすようにするとよいです。おしゃべりをよくしたり、思いきり笑う時間を持つのも効果的です。口元のたるみを改善するには、フェイササイズというエクササイズもおすすめです。この方法で、口輪筋を鍛えることができます。箸を使ったフェイササイズは特におすすめで、まず箸を横にして前歯でくわえて唇をぴったり閉じ、上下の唇をつけたまま、唇をできるだけ横に引くようにします。そのままの状態で5秒間キープし、唇は閉じたまま、口角だけを上げるようにします。笑うようにして5秒間キープするようにし、これらの動作を1セットとして、5回繰り返すと良いです。フェイササイズを毎日続けると、顔全体がリフトアップし、口元が柔軟に動くようになります。